マザーソルト、きららの石|本物を届けるのが使命!塩で命を繋ぐReal Shopミラクル

マザーソルトとは



産地は中国の福建省恵安



 

(1)立地条件



世界の海は繋がっているから、海水は皆同じ成分と認識されていますが、

海水は分析してみますと、地域によって大変異なっています。

例えば同一品種の昆布も海苔も産地によって味に大変差があるのはその為です。

貝や魚も同じです。 恵安地区は花崗岩の大地からなり、海にはその岩があります。

可溶性のミネラルが豊富な海です。その恵まれた海水からなる塩田です。

その為昔の人は恵まれて安らかな暮らしが出来たことから恵安という

地名がついたのだと言われております。


 

(2)製法について



世界で類を見ない なる製法(中国でも唯一)満潮の海水を130万ヘクタールの

広大な塩田に導入して、約十日間巡回することで濃縮されて、

塩分25度ボーメになりますと、セラミック(陶器)の敷き詰められた精製塩田に

導入されます。セラミックの遠赤外線と太陽の光量子のエネルギーの相乗効果で

僅か三日で海水は水と自然塩に分離して結晶して沈殿します。

それを取り出して、塩田の畦に積み上げて苦汁を出し風乾します。

既に千年前から行われているとの事です。精製に火を一切使用しないので、

海水中の酵素が活性を維持していると思われます。

生きている塩と思って良いでしょう。他の塩に見られない薬効があるのは

その為ではないでしょうか。

中国二千年の歴史を誇った満潮の朝廷に千年も前から朝延塩として愛用されていたと、

恵安の人達は誇りを持っています。



マザーソルト