マザーソルト正規代理店|本物を届けるのが使命!塩で命を繋ぐReal Shopミラクル
2020/02/10  ミネラルはバランスが大事!!

皆様お水を買うときに成分表を見ていますか?
せっかくお水を飲むならバランスの良い吸収されやすいお水を
飲みたいと思いませんか?

マグネシウムとカルシウムにはバランスがあるのです(^^♪
最も良いバランスは
いくつででしょうか??

カルシウム:マグネシウム
  2  :  1

が理想なんです★

カルシウムの99%は骨や歯の中にあり、残りの1%は血液やリンパ液
などの体液の中に存在しています。

その1%が血液中や筋肉、神経などにあり、非常に重要な働きをしています。
神経の興奮や緊張を緩和してイライラや苛立ちを抑えるトランキライザー(精神安定剤)としての働きをはじめ、筋肉を収縮させて心臓を規則正しく活動させる、血液を固めて出血を防ぐ、細胞の分裂、分化を促すなどの働きがあります。

そしてカルシウムと非常に関係性があるのがマグネシウムですが、
とても重要な役割を果たしております。
主に循環器系の健康を守る必須ミネラルですが、不足すると体の中で化学反応が円滑に行われなくなり、
疲れやすい、何となくだるい、イライラするなどの症状を現わします。

血中のカルシウムが不足すると、副甲状腺ホルモンやビタミンDが働いて、骨からカルシウムを放出され血液中のカルシウム濃度を一定に保ってくれます。骨はカルシウムの貯蔵庫であり、摂取量が少なければ減り、多ければ蓄積されるのです。

下記が
カルシウムの働きになります。

●神経の興奮を抑え精神を安定
●丈夫な骨や歯をつくり健康を維持する
●ホルモンの分泌を調整
●細胞代謝を活性化
●免疫力を高める
●筋肉をスムーズに収縮させる
●体液、血液の恒常性を維持(弱アルカリ性に保つ)
●血液を固め出血を防ぐ(止血作用)


カルシウムを取る際はリン酸を控え、
黒豆を摂取するとよいでしょう。

カルシウム取るなら
マザーBB
マザーBBというきな粉がとてもおススメです(^^♪

マグネシウム取るなら
マザーミネラル
マザーミネラル
がおススメです(^^♪


2020/01/16  微量ミネラルって以外に大事

多くの酵素が生き生きと働くことができるのは微量ミネラルのおかげ!!
生体内で起こる様々な
化学反応を促進させる物質(触媒物質)が酵素です。
そして、酵素を節約して生きることは、長生きの秘訣になるわけです。
60兆の細胞があると言われていますが、その細胞一つ一つの中
に、5000種類とも言われる酵素が機能していて、代謝酵素、消化酵素、食物
酵素、アルコール分解酵素などがあります。

そして、これらの酵素が十分に働くためには、微量ミネラルの摂取が不可欠なのです。
抗酸化酵素で、体内で過剰に発生してしまった活性酸素の毒を消して
くれますが、十分な微量ミネラルを摂取されていないと活性化されないのです。
結合する作用を「キレート反応」といい、ハサミのように物質を包み込み
ミネラルが毒性物質と結び付き、無害化して体外に排出させます。

このキレート反応のおかげで

私たちが毎日食べている、
農薬、食品添加物、化学調味料など
(合わせると年間に9kg近いものを摂取しているといいます)
から身を守られているのです。


体内の細胞は全て球体で出来ていますので、
球体と球体との間に必ず隙間ができます。

その隙間をミネラル固有の電子的な活動でつなぎとめ、
細胞同士の電子活動を活発にし、
神経情報伝達機能も活性化させます。

たとえば、カルシウムですが、単に骨成分のためにあるだけでなく、神経の働き
には不可欠です。
カルシュームが不足しますと細胞内の貯蔵庫からカルシウムを持ち出して補充するのですが、
その情報が脳へ伝達されると、精神的な異常興奮が起こります。


気を付けてほしいのが、
リン酸とカルシウムを同時に取ると
吸収されにくくなります。

リン酸は食品添加物や清涼飲料水にはリン多く使用されています。

せっかく食べていても阻害されている
可能性があることを知ることで、
明日の行動が変わるのではないでしょうか(^^♪








 
2020/01/24  ミネラルで体の不調は80%は改善する??


現代人はミネラルが足りていないことによる、神経、筋肉、排毒作用の
問題が病気の原因になっているということが考えられます。

微量栄養素ながら人間の体にとってはなくてはない存在で、重要な役割があるのです。
【主要ミネラル】(7種類)
カルシウム…健康な骨と歯を作る。心臓・神経、筋肉の健康維持に重要。
リン…骨や歯を作る。細胞膜を構成。神経や筋肉の機能を正常に保つ。
カリウム…血圧の上昇を制御。腎臓の老廃物の排泄を促す。

硫黄…軟骨、骨、腱を作る。健康な皮膚、爪、髪をつくる。
塩素
…タンパク質の消化を促進。脾臓の分泌を促進して消化を助ける。
ナトリウム…細胞のを維持。神経や筋肉の緊張を穏和。
マグネシウム…精神を安定させる。

 
次回は【微量ミネラル】(9種類)について
お話させていただきます。

鉄・亜鉛・銅・マンガン・クロム・ヨウ素・セレン・モリブデン・コバルト
2020/01/16 
ミネラル

ミネラルとは、
簡単にいえば岩や土に含まれる無機質成分です。
ミネラルは身体の中でつくり出すことはできないため、
意識して摂取しないといけないのです。
野菜、海藻などの食物からとりいれることができますが、


現代は昔に比べて野菜のミネラル量が

減っているのです。


海のミネラルバランスは人間の血液とほぼ一緒で、
病院で打つ点滴には
乳酸リンゲル液と言い
食塩水にカリウムと乳酸を少量溶かした成分が入っていて、
海のミネラルバランスとほぼ近いものを投与しているのです。


病院がない昔は
目に塩水を入れて濃度を確かめていた
みたいです。
目に入れて沁みない濃度が体液に一番
近いのです(^^♪

海水は、子供を身ごもった
お母さんの子宮の中の羊水と同じ状態です。


母なる海!!生命は海から誕生したのですが、

私たちが産まれて来た時には
お母さんの子宮の中に


羊水とういなの海

存在しているのです。



 
2020/01/06  
塩を悪いものだと思っていた(;'∀')
 
減塩・減塩・減塩と言われていてますが、
塩をもっと理解してください(;_;)

食塩と塩は違います!!
食塩の定義は塩化ナトリウム
の含有量を99.5%以上に精製したものなんです。


本来のお塩は

塩化ナトリウムが80%前後

残りは
ミネラル酵素があるのです!



私達が日常で食べていた食塩は塩とは
大きくかけ離れていて、
おもにこのようなお塩は
減塩しないと、
血液中の水分をうばい血がドロドロになってしまうんです(;_;)
現在食今ある食べ物の多くはミネラルや酵素が失われ、

塩まで減塩してしまうとミネラル不足
になってしまいます。
次回はミネラルとは!?
        
         2020/01/04
 
今日からリアルショップミラクルのブログを始めます(^^)/
少しでも多くの方に薬に頼らなくても健康は取り戻せることを伝えていきたい!!!!
薬に頼らない体作りを提案していきます(^^)/

次回はお塩の素晴らしさをお伝えします♪